2005年10月20日

魁! ファミコン塾の2 ふたつの祖国

ここはファミコン塾。
世に優秀な人材を輩出するために設けられた、全寮制の私塾である。

塾生は徹底したスパルタ教育と、鉄の規律の元に毎日を過ごす。

「大切なことは、あらかたファミコンから教わった」という考えのもと、ファミコンを頂点とした生活を送り、ファミコンよりも優先する趣味を持った者は懲罰を受ける・・・ゆとり教育そっちのけの漢(おとこ)の学校である。
(ちなみに、ファミコン塾に性別の区分けはない。塾生はすべて漢で統一される)

さらに塾長ともなれば、ファミコンにすべてを捧げた、上杉謙信なみのストイックファミコン野郎なのだ! たぶん。

◆今回の登場人物
・塾長・・・ファミコン塾の代表。いまだに一番の趣味はファミコンと言い張る、辞め時を失ったファミコン戦士。
こないだ、小学校の同級生が子供を連れて歩いていた。

・塾生(剣 ファミ太郎/つるぎ・ふぁみたろう)・・・ファミコン塾一号生。
新入生らしい若さで、一途にファミコンを愛する漢。


−塾長室にて−

塾長「ふむう、インターネットとは素晴らしいのう・・・しかもこのページもまた・・・それにしても、当時からネットがあれば、鬼沢君(塾長の友人。仮名)のウソテク情報に騙されることもなかったろうに・・・」

ファミ太郎「押忍! 塾長、『あめふるしんかいち』合唱100回、終了いたしました!」

塾長「のぁ! ファミ太郎、いつからそこにおったっ!」

ファ「いま来たところです! ところで塾長、何をご覧になっているのですか!?」

塾長「いや、まあ、情報収集だ。お前もインターネットくらいは見るだろう」

ファ「はい! まあ自分は任天堂ホームページと『スペランカー先生』くらいしかチェックしませんが」

 
塾長「む、そうか。ファミコン塾生としては理想的だのう」

ファ「光栄です。で、塾長はどこを閲覧されていたのですか?」

塾長「む・・・いやなに、たまには普段見ないページをな、うむ」

ファ「(覗き込む)どれどれ、ほぅ、極上・・・生徒会・・・? フッ(薄ら笑い)、プレステ2の「ぎゃるげー」というやつですな。まったく、ファミコンという現役ハードがあるのに・・・。
こんなものを本気で見ていたら、当塾では放校処分か、制裁ですな!」

塾長「えっ、そうなの?」

ファ「ご自分で決めた塾規ではありませんか。
しかし、塾長のようなお方がこのページをご覧になるということは、敵情視察として調査されていたわけですな! いつか、こういったゲームのファンも入塾するように、と!」

塾長「・・・お、おお! そうだ、そのとおりだよファミ太郎!」

ファ「どれどれ、では私も見てみましょう・・・キャラクター紹介、と。大勢いますなあ。では適当に・・・こいつでいいか。角元れいん(つのもと・れいん)
極上生徒会 れいん

・・・武器はトランプカード。プッ・・・武器がカード?
なんですかそりゃ。だいたい何と戦うのですかこの婦女子どもは! ハハハハハ」

塾長「そ、そうだな・・・・・・ハハ」

ファ「ええと、じゃあ隣のこいつも。飛田小百合(ひだ・さゆり)
極上生徒会 小百合

・・・『「飛田活生流」の後継者で、学園内で唯一木刀の携帯を許されている』・・・フハハ! 木刀所持の婦女子って、レディースっちゅうやつですか? だからこいつらは何と戦うんですかって! ねえ塾ちょ・・・」


ゴッ。

ドス。


塾長「よりにもよって、れいちゃん先輩と小百合を馬鹿にするなぁぁぁ!

ファ「うぅ・・・左フックから右ミドルですか・・・あの、塾長・・・鉄拳には慣れておりますが、失礼ながら、いま殴られた理由がわからないのですが」

塾長「・・・・・・訓練である、訓練。あれくらいの不意打ち、避けられんでどうする」

ファ「そうだったのですか(納得)。しかし、何か愛称のようなものも叫んでおられたような・・・」

塾長「気のせいだな。強く殴りすぎたか?」

ファ「いえ、ご心配には及びません。では、敵情視察に戻ります」

塾長「おい、もう・・・」

ファ「(聞いてない)ではさらに隣のキャラクター。桂聖奈(かつら・せいな)
極上生徒会 聖奈さん

・・・
『隠密部所属』ブハッ(笑い)。だからこいつらは何と戦っているのですか!
それに、私はぎゃるげーに詳しくはありませんが、このゲーム全体的に絵が地味ですなあ。とりわけこの桂とやらは、インパクトが足りんのでは? ハハッ・・・」



ゴシャッ(湿った音)


塾長「聖奈さんを、聖奈さんだけは馬鹿にするなぁぁぁぁおぁぁぁ!
自殺願望でもあるのか小僧ぉぉぉぁ!!


それからなあ、地味だからいいんだよ!
『萌え』とやらが好きな人間にはソレ向きのゲームがある! そっちに行けばいい!
ワシはそっちにはあまり興味はない! 極上は萌えとかそういうのじゃねえんだ! なぜかコレだけは・・・・・・む、ファミ太郎、気を失ったか・・・」



(数十分後)

ファ「う・・・うーん・・・」

塾長「起きたか、ファミ太郎」

ファ「はい・・・さすがにつけもの石で殴られたのは初めてだったので、意識を失いました。
夢では、ないようですね・・・。頭から赤いものがとめどなく流れていますので。
・・・殴られた理由をお聞かせ願えますか? 何か叫んでおられたようですが、覚えておりません。」

塾長「(窓の外を見ながら)ファミ太郎よ。とどのつまりファミコンとは、プレステ2とはなんだ」

ファ「えっ・・・? はい、ゲーム機であります」

塾長「そうだ。現在はプレステだのXboxだのが普及しているが、あれらも同じゲーム機。そして、今のコンシューマー機はすべてファミコンから生まれているのだ。いわば彼らはファミコンの子供たち!

ファミコンを愛してやまない我々が、その子供を嘲笑していいものだろうか?
それで本当に、ファミコンを愛していると言えるのか!!!?


ファ「!・・・塾長ォ・・・!! 塾長が、そんな広いお考えをお持ちだったとは・・・自分は、狭い考えでファミコンとそれ以外を区別しておりました・・・」

塾長「わかればよいのだ、わかれば」

ファ「塾長は大きな心で、あのようなゲームを許してやっていたのですね!」

塾長「・・・う、うむ」

ファ「まあそれにしても、あのゲームは私のような堅物には受け付けませんが・・・」

塾長「・・・今日はもうしゃべらないほうがいいぞ。もういい。部屋に帰って休め」

ファ「はっ! 失礼いたします!」

バタン。


塾長「・・・・・・ファミコンひとすじのこの人生・・・・・・ワシはこれからどうすれば・・・」


謎(バレバレ)の苦悩を抱え、嘆息する塾長。
一途なファミ太郎との関係は?
ファミコン塾は今後、まとまって行けるのだろうか?(続くかどうかわかりません)



※今回のファミコン塾は、特定の人物・団体とは関係がありません。
特に塾長の嗜好は、特定のマスク1号とは関係ありません。

ありません。
posted by ワイルドガンマンズ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミコン塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【終】極上生徒会 第26話
Excerpt: 極上生徒会 Vol.3極上生徒会 Vol.4極上生徒会 Vol.5極上生徒会 Vol.6 【今日も極上日和】 ハッピーエンドだし…と、安心しきってたら、いきなりりのがピストルで撃たれて、少々ビ..
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2005-10-22 11:41