2005年12月14日

本日、深夜、ゲームセンターCXが地上波で!

ハットリスです。

以前、相棒マスク1号も書いていた「ゲームセンターCX」が地上波で、12/14(水)25:53〜26:53(一部地域除く)の時間帯で放送されます。
年2、3回放送されているボーナスステージ、いわゆる総集編というヤツです。

現在、CSフジで放送されているこの番組ですが、番雰囲気がとても良いんですよね。
ナビゲーターのよゐこ、有野晋哉さんと番組スタッフの皆さんが懐かしのファミコンを攻略したり、レトロなゲームセンターを訪ねたりとファミコン世代にはたまらない内容です。

そして、「CSフジには加入してないので見られない」という方々(僕含む)に嬉しいお知らせ。

ついに、ゲームセンターCXがDVD-BOX化!

過去の傑作攻略はもちろん、未公開映像も含んだ見逃せない内容になっているようです。

番組を知らない、という方。ひとまず、ボーナスステージをご覧ください。
面白さと懐かしさで胸いっぱいになること間違い無しですから。

必見です。

posted by ワイルドガンマンズ at 00:30| Comment(2) | TrackBack(2) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

花村萬月作品に見るファミコン

マスク1号です。

最近、東陽片岡ブログのほうに花村萬月先生からコメントをいただきましたので、それに関連してこちらでも花村先生とファミコンの深い(?)関係など。

実は、花村先生の「眠り猫」シリーズの2作目「猫の息子」にて、シリーズの主役である私立探偵「猫」がファミコンをプレイしているのです。
以下抜粋。

−猫は『いまの時代こそ、いまは亡きソビエト帝国が生み出した究極の時代遅れのゲームがナウでグッドでエンジョイだ』などと意味不明の科白を口走りながらほとんど一日をファミコンのテトリスで終えた−
(新潮文庫「猫の息子」より)

『時代遅れのゲームがナウでグッドでエンジョイだ』・・・素晴らしい
いまどきファミコンブログなんてものをおっぱじめた我々にとって、座右の銘にしたいくらいの言葉です。

よし、叫んでみるぞ!
俺たち! 時代遅れでナウでグッドでエンジョイなワイルドガンマンズ!

・・・ぐっ。なんか傷ついたような気もする(まあ、作中で「猫」が冗談で言っている科白ですから、まともに座右の銘にするのは無理があるわけですが)。

とにかく、東陽片岡先生とファミコンを愛している(根拠なし)花村先生を、我々は応援しています!

しかも、12月10日に登場する花村先生の新刊「たびを」は、装填にお東陽先生を起用!
盆と正月が一緒に来たようなご本です!

みんな、10日は書店に走ろう! 走れ(強要)
 
 

 
posted by ワイルドガンマンズ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

気が付けば1周年!と3ヶ月・・・

ハットリスです。

この「ファミコンブログ:ワイルドガンマンズ」もおかげさまで1周年を大分過ぎてしまいました。ホントは、ブログ開設ちょうど1年の時に何か書こうと思ってたのですが、タイミングを失い、気が付けばもう冬・・・ 

「今更、1周年とか騒いでもなぁ」とも思いましたが、うかうかしてると2周年まで待つ方が早くなってしまいそうなので、中途半端ですがここで節目とさせていただきます。

いやぁ、まさかこのブログが1年以上も持つとは思いませんでした。
これも読んでくださる皆様のおかげです。皆様の閲覧やコメント、トラックバックがあればこそ、僕らもこのブログに飽きずに(飽きるなよ)すむことができました。本当にありがとうございます。

振り返れば、ワイルドガンマンズを結成したのは今から5年前。
マスク1号の発案で、ゲームの思い出に関するホームページを書く二人組として、活動をスタートいたしました。
内容は、ファミコンソフトの感想、同ファミコンソフトを二人でレビュー、ハンバーガーの話など、今とあまり変わらない構成でした。

しかし、ただひとつ違うのは閲覧者が皆無、という事。

我々(特に僕)が更新を怠っていたため、カウンターがほとんど回らない。

→当然メールも来ず、そもそも掲示板は設置すらしていなかったので、読者の皆様からのリアクションは無し。

→リアクションが無いため、更新意欲がますます減退。

という最悪の悪循環により、ワイルドガンマンズのHPはになったのでした。

そんな苦い経験を思い返すにつけ、今ブログが生き続けており、皆様に読んでいただける事に喜びを覚えている次第です。

「ブログはHPより更新が簡単」というメリットがあるそうですが、飽きやすい我々の場合、皆様の閲覧が無ければ、ブログのメリットなどものともせずあっという間に更新を停止していたことでしょう。

正確なデータも綺麗な見栄えもない、個人的な思い出ばかりの当ブログではございますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、以前の我々が作っていたホームページの跡地をマスク1号が作っております。
ブログ開設当時の我々の状況を読み取っていただければ幸いです。

追伸

ブログの過去の記事を読んでいたら「ファミコンの事ばっか書いてあるなぁ」と、自分らで書いた癖に他人事のように思ってしまいました。


posted by ワイルドガンマンズ at 23:54| Comment(7) | TrackBack(1) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ファミコンのことになると電話が来る

マスク1号です。

先日、長らく会っていない友人から突然電話がありました。
この友人とは学生時代、ほとんど1年中をともに過ごしておりまして。

お互いに「親しき仲には礼儀なし」の域まで達してしまっているため、時には1年以上音沙汰がないかと思えば、「あさって時間あるか?」と連絡したりする関係なのですが。
で、その友人から半年ぶりの用事はこれ。

友「オス。たまには電話しろよコノヤロウ。最近元気かコノヤロウ」

マスク1号「元気だよコノヤロウ。年末のK-1ダイナマイトにリザーバーとして登録されるほどにね」

友「あー出ろ出ろ。瞬殺されろ」

マ「ご用がなさそうなので切ります」

友「待て。あのさ、ゲームとかファミコン好きだったよな?」

マ「君を取るかゲームを取るかと言われればゲーム」

友「殺したい。まあいいや、聞きたいんだけど、パーマンみたいなのがすげー高いジャンプして宝探しするファミコンのゲームってなんだっけ?
会社の先輩と話してるんだけど、誰もわからないんだわ」

マ「・・・情報少ないなー。アイレムって会社から『パーマン』なら出てるが、違うんだろうし。・・・・・・もしかして、ジャンプしてからガーッて連打した記族ある?」

友「あー、したかも。ゆっくり落ちていった記憶」

マ「マイティボンジャックだね。テクモの」

友「あー! それだ! ボンジャック!」

マ「ドンチャックみたいな言い方だな」

友「とにかくすっきりした! んでは」

マ「ではでは」


これでまた、次に話をするのはいつになりますやら。・から連絡をすることは少ないですし。

まあ、困っことがあったら連絡しろ、とお互いに言ってあるので、音沙汰がないならないでいいのです。
今んとこ、困ったことというのが「ゲーム名が思い出せない」だということは、幸せにしているのでしょうて。
 
それに、会社の先輩とファミコンで盛り上がるとは、よきかなよきかな。
当時はハードが多様化していなかったせいもあって、みんなで共有できる思い出になっているのですなあ。
posted by ワイルドガンマンズ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

DSの新機能 Wi-Fiコネクションってなんじゃらほい(古いセンス)

マスク1号です。

ぼけーとしながら週刊少年ジャンプなどを読んでおりましたら、「BLEACH」という連載漫画のDS版ゲームについて書いてありました。

まあ、このゲーム自体はキャラクターものの2D格闘なのですが、気になったのが「Wi-Fiコネクションにも対応」という文字。なにそれ?

で、ちょっと該当ページなどを見ていたら、いよいよあれなのですね、インターネットを介した通信プレイが可能となるのですね!

しかも、自宅に無線LANがない人でもインターネットさえつながっていれば3,500円のUSBコネクタひとつでプレイ可能となるそうじゃないですか。

DSファンの方々にはいまさらなんでしょうけど、こりゃすごい機能ですよ!

マリオカートDSもこのWi-Fiコネクションに対応していて、世界中の人と対戦できるようです。
僕は対戦などはしたいほうではありませんが、「どうぶつの森」みたいなほのぼのゲームで人とお話しをするのは楽しそう。

別途プレイ料金がかからない点も安心。こりゃでかい波が起きそうですね。
起きそうか? いや、うん、起きそうです(自分に自信のない子)

ただひとつ不満というか、歯がゆいのが、機能はすごいのに周知が足りない点。
ピクトチャットの時も書きましたが、調べたりしなくても自然に耳に入ってくるくらい宣伝してほしいです。

僕も最近は「あー、PSPはいよいよ音楽の持ち歩きなどを前面に出してきたなあ。最近はDSに動きが少ないよ」とか思っちゃってました。

そんなことじゃダメっすよ! CMのセンスでは負けてます、正直。
僕は、そんなあなたたち(任天堂)に活を入れるべく、最近はその、ああいったソフトに夢中なフリをしているのです。フリ。うん。演技。

・・・ともあれ、頑張れDS。期待してるぞDS。
あっちの製品は、1年たつからそろそろタイマーで壊れるし今がチャンスだ!

余裕で3週間は触っていない僕のDSに、活躍の機会を与えてあげてくれ!


posted by ワイルドガンマンズ at 01:20| Comment(5) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

復活!!(って言うか、勝手にサボってただけ)

俺も、ワイルドガンマンズ!!

ワイルドガンマンズの端くれ、ハットリスです。
夏からずっと更新をマスク1号に任せっぱなしだったので、久々の書き込みです。
すいません。

最近は相棒が「極上生徒会」とやらにお熱を上げているので、「こら!それでもファミコンブロガーか!!」と注意したいところなのですが、更新もしないヤツに文句を言う権利など、あるはずもありません。

しかも、マスク1号は「ファミコンブログ」「東陽片岡ブログ」をこなしながら、「零3」などの新作ゲームも購入、プレイし、今回もPS2版「極上生徒会」を購入するなど、ゲームブロガーとしての正しい道を全うしています。

一方、僕は、仕事が忙しいので更新をサボる電話線の調子が悪くなり更新不可能になるなぜかテレビが壊れ、ゲームを一切プレイできなくなる、というファミコンブログもへったくれもねぇ始末。

これまで、ボケる→ツッコむという図式でバランスを保ってきた我々が、おかしくなる→いない、というブログ主旨崩壊寸前の状況に陥ってしまいました。

幸い、ネット環境も修復され、仕事も年末までは激務にはならなそうなので、少しずつ更新していこうと思います。
改めまして、今後ともよろしくお願いします。(やましい事があるので能弁)


ファミコンブログなんだし、初心に帰ってファミコン記事を書かなきゃね!


僕ん家、ファミコン無いけど。


もちろん、僕と違って相棒はキチンとファミコン(ファミエイト)を持ってますよ。


触ってるの見たこと無いけど。





posted by ワイルドガンマンズ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

はてな? ファミコンリング

マスク1号です。

僕がまったく使いこなしていない「はてな」から、「はてなリング」というサービスを始めた、とのお知らせメールが。

あー、あるよね、ブログじゃなくても、「○○ファンサイトのリング」とか、テーマを同じくするサイトをつなげるやつ。

やはりここは、ファミコンをいまだに遊んでいる人のリングを作るべきではないか、と思ったわけです。

・・・・・・ああ、ロゴを作るだけではなく、運営も必要なのねー。入会の承認とか。
自分から、招待メールを出したりもするのか・・・。

うわーめんどくさこれはやりがいがあるなあ!

で、こないだ何も考えずに作ってみました。
テレビゲームの集まりとか、他にも素敵なリング様がたくさんあるので、まあウチのなんか存在意義は薄いと思われますけど。

あまり意味がないようだったら、ごめんなさいして消せばいいさ!(後ろ向きに前向き)

一応、URLはここでございます
ロゴのセンスのなさは自信があります。すみません。
絵が描ける人、周囲にいないし・・・ご勘弁をば。

お誘いしたいブログさんはたくさんあるのですが、忘れていたり、メール非公開のブログさんも多くて誘えていなかったりします。ガスガス、「参加させろい」と言ってくださると嬉しいでございます。



あと・・・ファミコン以外のリングをひとつ作ったっぽいですが、発病中のことは覚えていません。
posted by ワイルドガンマンズ at 09:55| Comment(4) | TrackBack(1) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

番組改編期に気づいたキモチ IN早朝

おはようございます、マスク1号です。

いま朝の4時台ですよー。
なんでこんな時間かというと、3連休にがっつり仕事をするはずが、追い詰められるまでだらだらしちゃったからでーす。

8月31日に夏休みの宿題するみたいなものですね。いい歳なんですが。

と、いっても、意図的にサボってたんじゃないんですよ! 聞いてください。

あのですね、体が「3連休だーい」と思っちゃったのか、隠していた疲労をあらわにしまして。
連続で5時間以上起きていられなかったんですよ。寝て、眠くなって、寝て、眠くなって。
普段の不安定な生活がたたったんですかのう。


あ、不安定な生活といえば先日、MSNチャットで、おにおにさん(よくコメントをくださいます)ともお話ししたのですが、関東では毎日どこかしらで深夜アニメをやっていますね。
僕はちゃんと見ておらず、仕事をしつつつけっぱなしにしているだけですが。

それでも番組改編期を迎えて終了されると、ストーリーもわからないままに「ありゃ、終わっちゃったのか」と思うことしきり。


意外と、「なんだあこりゃ」なんて思っていた作品こそが、終了してしまうと寂しくなって「ああ、いつの間にか好きになっていたのかな・・・」なんて思ったり。


去ってから気が付くとは、ままならないものだなあ。


ああ、極上生・・・ゴホンゴホン、ゲフン! ・・・「Monster」のような骨太の作品が終わってしまったことが残念でなりません。

あとはどうでもいいです。本当です。


チャットっていうのも楽しいものですね。僕はおにおにさんとファミコン思い出話などをしておるのですが、当時はソフトの選択肢が少なかったせいか、共有できる思い出の多いこと多いこと(笑)。


そういえばさらに脱線しますが、ファイナルファンタジーは「ファイファン」って言ってませんでした?

ドラゴンクエスト→ドラクエと同じ流れで、当時の友人はファイファンって言ってたけどなあ。
小中学生が、わざわざ文字に起こして「FF」って作るとも思えないし。
みんな、格好つけてないですか?(疑り深い顔で)

ワイルドガンマンズは、「俺は当時からファイファンっていってたぜー」という勇気ある告白を歓迎します。
恥ずかしくないから。さあ。さあ。



突然終わります。それではおやすみなさい。
posted by ワイルドガンマンズ at 04:34| Comment(6) | TrackBack(1) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

だれでもアソビ大全

マスク1号です。

11月3日、任天堂からDSソフト「誰でもアソビ大全」が発売になるそうですね。

「Nintendo INSIDE DS」によると、『「ババ抜き」・「花札」・「五目並べ」など定番の遊びをなんと42種類も収録した豪華作品』とのこと。

やー、いいとこ突いてきますねえ。実はちょうど、両親向けにこういったゲーム集が欲しかったんですよ。

実は、今年の父の日にDS本体+脳トレをプレゼントしたところ、父母ともに結構ハマってくれまして。

ゲーム世代ではありませんし、十字キーの使い方などはなかなか覚えてくれなかった両親ですが、「ペンで書くだけ」というありふれた操作のおかげで、計算問題で楽しんでくれているようです。

で、この「だれでもアソビ大全」、おはじきなんかもあるそうで(笑)、タッチペン機能を生かしたシンプルな遊びが楽しめそうです。

収録ゲームは以下の通り。
・ババ抜き
・スピード
・将棋
・7並べ
・クロンダイク
・五目並べ
・ボウリング
・ダーツ
・おはじきビリヤード
・ダウト
・花札
・チャイニーズチェッカー(ダイアモンド)
・ソーダゲーム
・神経衰弱
・スローモー
・大富豪
・セブンブリッジ
・ポーカー
・ブラックジャック
・ラミー
・ハーツ
・ナポレオン
・コントラクトブリッジ
・ゴニンカン
・ナップ
・軍人将棋
・リバーシ
・バックギャモン
・チェス
・すごろく
・シーソーゲーム
・ことばさがし
・おはじきゴルフ
・おはじきじんとり
・アメリカンページワン(UNO)

正直、シンプルすぎて僕個人は興味が薄いですが(笑)、広い世代に楽しまれそうな予感です。
ぜひ、両親にプレゼンしようと思います。

3800円という良心的価格も嬉しいですね。マリオブラザーズ(初期のオレンジ箱)と同じ値段ですよ。


そういえば、バブル期には11800円とか、恐ろしい価格のソフトが暴れまわっていたなあ。
特にスクウェアとか光栄(現コーエー)とか、スクウェアとかスクウェアとか。

あのときに子供たちからぶんどっ稼いだお金は、映画で坂口さんが全部捨てちゃったんだろうなあ。


そういえば、いつも温厚だった僕のおばあちゃんが、「塵もつもれば山となる!」と、無駄遣いだけは厳しく戒めていたのを思い出します。

また、父は「世の中には商道というものがあって、売り手は『お買い上げありがとうございます』と思い、買い手は『いい商品を売ってくれてありがとう』と思える関係を目指さなければならない。そしてお互いに、お金や商品を大切にしなければいけない」と常々僕に言っています。

来たる高齢社会、ゲーム業界も、分かりやすい内容と手ごろ感のある価格設定で、幅広い世代を楽しませていってほしいものです。


だから坂口さんも二度と(省略)


posted by ワイルドガンマンズ at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ファミコンを ふっとひと吹き ズバッと解決「飛鳥ぁーッ!!」(セリフ)

マスク1号です。

突然ですが、皆様はファミコンが調子悪いとき、カセットを「ふーっ」と吹いてホコリを払いませんでしたか?

本体に挿してもうまくつかないとき、バグッてしまったとき。吹いてきれいにすると、不思議に直ったんですよね。

なんの取り得もない僕ですが、このカセット吹き(いま命名)の技だけは、結構得意でした。
他の子が吹いても直らない状態をよく直したものです(社会的には本当にいらない特技ですね)。

でも、僕がコレを請け負うのにはもうひとつ理由がありまして。
それは、カセットを守るため。

しょせん子供なので(僕も子供でしたが)、息を吹きかけるときに上手く調節できず、「ぶーっ」という感じの友人がいたのです。

「うわー、カセットにツバとか飛ばしてないのかなあ」と不安になったものです。
ファミコンだって精密機器。そんなことしたら余計に壊れちゃうし、第一汚い。
僕は案外そういうところが気になっちゃう子でしたから、自然と「あ、僕が吹くよ」と買って出るようになったわけです。
紳士たるもの、カセットは、優しく扱わなきゃいかんぜ?
(予断ですが、人の家の笛を平気で吹く子もいて、たまらなく嫌でした)

実際のところ「カセットを吹いたら直る」というのが、意味ある行動だったかどうかはわかりません。
しかし、たまに子供なりに爪楊枝とかで本体をほじくるとホコリや毛(笑)が出てきたことがあるので、まんざら迷信ではなかったのかな、と思っています。

いま思い起こすと、子供たちのとんでもない酷使に耐えてくれたファミコン。
なにかというと壊れる現在のハードと違い、ゲーム機ではなく「おもちゃ」としての根性と、子供たちとの裸のぶつかり合いが感じられるハードでした・・・・・・というのは言いすぎでしょうか。

なんにしろいままでありがとう、ファミコン。
そしてこれからも酷使し倒すので、どうぞよろしく。調子が悪くなったら、僕がひと吹きで直してやるさ(自信満満)。
posted by ワイルドガンマンズ at 03:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

忍者龍剣伝

マスク1号です。

最近ファミコンから離れがちでしたが、ちょっとだけ忍者龍剣伝を遊んでみました。
久しぶりにやっても、頭ではなく指が覚えているのが心地良いですな。

理由は覚えてないけど、ここで刀を振るんだっけかなー、と振ってみると、ちょうど飛んできたロケット弾を切り落とす。
なんとなくジャンプすると、飛来してきた鷹(敵キャラ)が下を通り過ぎていく。
記憶をなくしたときのケンシロウみたいです。

幼少時代の記憶って偉大だなー。
この調子なら、僕がおじいちゃんになっても「ああ、ボケているはずのおじいちゃんが、忍者龍剣伝をクリアしていく!」とかそういうことにならんかしら。
あとは、記憶している復活の呪文をひたすら連呼したり(こっちは本格的にボケたとしか思われんでしょうね)。

とにかく。
数あるアクションゲームの中でも、僕の中では指折りのフェイバリットゲームである忍者龍剣伝。

テクモが当時力を入れていた「テクモシアター」シリーズなので、かっこいい音楽や美麗なグラフィックを多くの人に見ていただきたいのですよねー。

慣れてくると、シタッ、シタッ! って感じのアクションが決まって、「僕、けっこう上手くない?」という満足感(勘違い?)にもひたれます。

こんな僕でもクリアできたんだから、そのうち「ヘタ男・マスク1号なりのクリア手順」を公開して、エンディングに到達できる人を増やせないかなー、とか思っているのですが、いかがなもんでしょう。
コンティニュー回数に制限はありませんから、ガッツさえあれば行けますよ!

「くっ、ガッツが たりない!」(@キャプテン翼)とかおっしゃらず、チャレンジしてみませんか?

僕はエミュレータもキャプチャ機器も持っていないから、画像はテレビをデジカメで撮る程度ですけどね・・・。

大変そうだけど、機会があったらやってみたいと思いますです。
それじゃあまたねー。フンガッグッグッ。
 
posted by ワイルドガンマンズ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

Habboホテルやってます

マスク1号です。

皆さん、ネットゲームは遊ばれてますか?
僕は以前「ウルティマオンライン」を遊んだことがあるのですが、すごく時間をとられるのでやめちゃいました。
楽しかったんですけどね。向上心はなかったですが。戦いも訓練もせず、ひたすら愛馬に乗って放浪する日々・・・。
治療のスキルだけは高くしておいて、困っている人を生き返らせたりしてました。

さて、以来まったくオンラインゲームをプレイしていない僕ですが、1年くらい前に登録したままだった「Habboホテル」というところがあります。
ていうかメールマガジンが届いたので思い出しました。

hobbo-s.jpg

Hobboホテルは基本的に無料のゲーム。というかチャットソフト?

架空の町で自分の分身を置いて、参加者の皆さんとおしゃべりするのです。
ゲームとして複雑な要素はありませんが(僕が知らないだけかも)、ハンバーガー屋さんに行って「コーヒー」と打ち込むと、店員さんが「はいコーヒー! いつもブラック?」なんて言ってくれて、ごっこ遊びとしても楽しいです。

まあ、楽しいですとか言っておいて、僕は昨年1回遊んだきりですが・・・。
そのときは、見知らぬ男性(自称高校生)の方とお話をしたのですが、彼に彼女ができた喜びと、性知識を一時間ほど聞かされたのでしたw

あれ以来だなあ・・・いまではいい思い出、か・・・?
とにかくあれです、久しぶりにちょいとつなげてみようかと思うですよ。

名前はストレートに「マスク1号」です。Habboホテルで見かけられたら、どうぞよろしくです。

エッチな話ばかりじゃなく、ファミコンやゲームの話もしてくれる方歓迎ですw
ではでは。
posted by ワイルドガンマンズ at 02:08| Comment(2) | TrackBack(1) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

大人買い、食玩

ハットリスです。

「大人買い」「食玩」と言う言葉が使われています。
大人買いとは、子供向けのおまけ付き菓子や玩具を、大人がまとめ買いしてコレクションする事。
そして、主に「大人買い」向けに販売されているおまけ付き菓子は、総称して食玩と呼ばれています。

要は、幼い頃の「好きなだけおもちゃを買いたい!」という夢を大人になって果たすということですね。
有名な「チョコエッグ」(僕はよく知らないんですが)を筆頭に、現在は「なめ猫」から懐かしの歌手のCD、果ては「七福神」まで様々なおまけ付き菓子が売られています。
最近、コカコーラやペプシにキャラペットボトルがついてますが、これも一種の食玩と言えるでしょう。

僕も大人買いこそしていませんが、小さい頃はおまけ目当てによくお菓子を買いました。「ビックリマンチョコ」や「ビックリマンアイス」、「ラーメンバー」と「ガムラツイスト」、その他、「ネクロスの要塞」「あっぱれ大将軍チョコ」「ドキドキ学園」・・・

この中でも特に、ロッテの「ビックリマン」 カネボウの「ラーメンバー」 は人気を双璧していました。

なにせ「ビックリマン」はコロコロコミック、「ラーメンバー」はコミックボンボンで漫画が連載され、それぞれアニメ化、その上、「ビックリマン」はファミコンやPCエンジンで何本もゲーム化されたのですから。

考えてみるとすごいですよね。コロコロコミックの小学館は「ミニ四駆」「ビーダマン」「ベイブレード」「ムシキング」など、おもちゃとアニメのタイアップ、キャラグッズやゲーム化をよくやりますが、もともとおまけグッズなのにアニメ化やゲーム化されたのは「ビックリマン」くらいではないでしょうか。

こんな事を考えている内、小さい頃の思い出がよみがえってきました。
僕の地元では、「ビックリマン」は1人5個までしか買ってはいけないというきまりがあったので、1箱30個入りをまとめて買ってみたいなどと当時は思いましたね。

当時、1個30円、全部買っても900円。大人にすれば安いものだったのになぁ。
こういう思い出が、大人買いの心境につながるのでしょうね。

ちなみに現在、ビックリマンチョコは復刻版が販売されています。
ビックリマンの思い出に浸った僕が、大人買いデビューするにはグッドタイミングです。

しかし・・・

1個84円。

30円(十数年前)→60円(数年前)→84円(現在)

物価上昇率高すぎ。 

特に、ここ数年の24円上げは明らかに大人買いを当て込んだものでしょう。

目ざといな、ロッテ・・・

ちなみに、この食玩具ブームの最中も「ラーメンバー」は微動だにせず。

どうした、カネボウ!今なら売れるぞ!!

再建プランの一環としても最適 僕達の懐かしい思い出をもう一度!
posted by ワイルドガンマンズ at 01:29| Comment(6) | TrackBack(4) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

セミさんこんにちは:脱皮変

マスク1号です。

本日ももういっこのブログとの使いまわしですみませんが、日記など。
個人的にはファミコンに夢中になっていた時代を思い出す、夏休みっぽいネタでございます。

さて、昨日は見知らぬ子供をコンビニに案内した僕ですが、今日の夕方はさらに小さい方に会ってしまいました。

自宅での仕事が一段落し、ご飯を買いに近所を歩いておりますと、車道をもぞもぞと進む影がひとつ。
カナブンかな? 飛ばないと危ないぞ〜とか思ってよく見ると、アブラゼミの幼虫でした。

えーっ! 大田区住宅街にセミの幼虫? 東京に住み始めてから初めて見たよ。
彼に機動力は期待できないので、このままでは危険です。

幼虫を救わんと、東陽東洋の魔女ばりの前転で車道に飛び出す僕。

嘘。普通に左右を確認して、指に登らせる僕。
そして凝視。うーむ、懐かしい。

子供の頃は、夜に近所の木でセミの脱皮を観察したものです。
田舎育ちだったので、たまにセミの幼虫が歩いているのは見かけたんですよね。

でも、東京で見られるとは思わなかったので、得した気分です。

とかなんとか考えているうちに、指から手、手から肘へともぞもぞ登ってくる彼(彼女?)。
久しぶりの感触は、チクチクしてくすぐったいです。
しかし、名前がないとわかりにくいなあ・・・うむ、くすぐるように登ってくるから、「クスリン」と命名しよう。どうだ? クスリン。

当然返事はなく、黙々と登る彼(彼女?)
今のクスリン(決めた)は上へ登るという本能のみで動いているので、このまま放置すると僕の頭頂部で脱皮しかねません。

かといって近くに木はなし。
よそ様のお庭に入るわけにもいかないので、結局、僕の部屋の近くにある塀に移すことにしました。

セミの幼虫は柔らかくてデリケートなので、つまんで持つことは避けます。
7年間も地中に入っていて、僕のミスで全て台無し、なんてわけにはまいりません。

腕を塀に近づけて、自然に登るように・・・よし、ナイスランディングだ、クスリン。
20050731_1852_000.jpg
「よいしょ、よいしょ」

20050731_1851_001.jpg
「進めや進め」


・・・・・・と、今のところはここまで。リアルタイム中継(笑)なので、また後日報告します。
一晩かかる大仕事ですからね。
ただいま一生懸命脱皮しているはずです。

鳥や猫や他の虫にやられず、無事に大空に飛び立てるのか? 頑張れクスリン!(ひとりで興奮)
posted by ワイルドガンマンズ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

懐かしのファミコンショップ

マスク1号です。

仕事で、茨城県は水戸に行ってまいりました。
まあぶっちゃけ茨城出身なので、なつかしい場所なのですが。

とはいえ、街並みは変わったなあ。
ゲームセンターやゲーム屋が減って、古着屋とかが増えた気がします。
色気づいちゃってまあ、やだよこの子は(誰?)。

思い出深い、水戸ファミコンショップももうありません・・・。

まあ、とっくの昔になくなっている古い店なんですけどね。

僕が初めて目にした中古ゲーム屋さんだったなあ。怪しいお店でした。
非合法のブラックディスク(任天堂が認可していないディスクシステム用カード)も扱っていたし、ハッカー(社名)の、ファミコン用アダルトゲームも売っていました。

結局非合法商品は買わなかったものの、そんな品が置いてあるというだけでドキドキしたものです。

「怖いお店かもしれないけど、掘り出し物はほしい」と、半ば冒険気分で入っていた気がします。

ファミコンが至上の遊びだった頃。自宅のテレビがゲーム機になるというだけで感動した頃。
あの時代を彩ってくれた怪しい(笑)お店のおじさんたちは、今なにをしているのでしょうか。


・・・どこかで、違法コピゲームなんかを売ってるのかな・・・
posted by ワイルドガンマンズ at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

ゲームセンターCX

こんばんは。
マスク1号です。

明日はお休みなので、夜更かししております。

あと1時間くらい、3:15分から、噂の「ゲームセンターCX」の特番がフジテレビで放送されますね(関東でのお話で恐縮です)。

今回は「ファミコンジャンプ」や「カトちゃんケンちゃん」を攻略とか。
スペシャル版はよくまとまっていて、スカパーで一度見た方も楽しめるそうです。

ファミコンジャンプはよく遊んでたなあ・・・ハットリスが。
有野さんは、エンディングまでたどり着くのでしょうか。エンディングであれほど脱力したゲームも珍しいのですが。

そのあたりはまたの機会に書くとして、ゲームセンターCX、録画要チェックでございますよ。
posted by ワイルドガンマンズ at 02:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

少年時代とムシキング

マスク1号です。

仕事で茨城県の某所に行き、懐かしい匂いに包まれてまいりました。

雨上がりのせいか、畑からはネギの匂いが、田んぼからはザリガニの匂い(僕の思い込みです。正確には、ザリガニ捕りを思い起こさせる匂い)が漂ってきます。

これでスーツ姿でなければ快適だったのですが・・・。

最近のお子さんは、ザリガニや虫を捕ったりしているのでしょうかねえ。

虫といえば、こないだはじめて「ムシキング」ってアニメを見たんですよ。
ゲームが大人気なんだそうで。

musi.jpg

はじめは、かの有名なムシキングだとは知らず「名作劇場みたいなアニメだなー」と流しっぱなしにしていたのですが、クライマックスの戦闘シーンになると、異様にリアルなポリゴン虫(カブトムシやクワガタ)がギチギチ言いながら戦闘開始! しかも巨大!

敵のクワガタに放り投げられたムシキング(味方の巨大カブトムシ)が腹を上にして、6本足でワシャワシャもがく!

ゲゲェー!

これ、子供は怖がらないのでしょうか?
いまどきの子はカブトムシとかを怖がるって聞いたことがあるのですが。ムシキングブームが、虫離れを解消してくれたのでしょうかねえ。

本物の虫は平気な僕でも、巨大なムシキングには驚きましたが・・・。

なんにせよ、カブトムシやセミを観察しながら少年時代をすごした男としては、いまの子供たちも野山で遊んでくれたら嬉しいです。

おうちでゲームばかりしているのはよくないですからね(ぬけぬけと)。


でも、自然には危険もいっぱいあるから、気をつけてね!>子供たち
いや本当に。

マスク1号お兄さんが軽く思い出しただけでも、

・カブトムシを捕りにいったら、スズメバチが樹液を吸ってた→追ってきた
・なんか変な赤いキノコが、胞子をばら撒いていた→息を止めて逃走
・普通に木から転落→なぜか無傷

など、幾度もの死線を渡ってきているからね!

それから、水場は本当に危ないから、年上の人と一緒に行こう!(マジアドバイス)
ではでは。
posted by ワイルドガンマンズ at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

ダウボーイ

こんばんは。マスク1号です。
今回は久々にファミコン紹介で「ダウボーイ」行きますよー。

主人公は、第一次世界大戦時の米兵です(たぶん)。
爆弾や工具を使って障害を廃し、友軍の捕虜を救い出すゲームなのですが・・・最近「メダルオブオナー」を遊んでいたので、ゲームの進化が実感できますなあ。

主人公はピストル一丁で敵に挑みます。無謀に聞こえますけど、ゲームの主人公なんてこんなもんです。気にせずいきましょう。

いちおう8方向に弾を撃てるのですが、十字キーがうまく落ち着かず、とても当たりません。
こっちばかり狙い撃ちされます。あっ、そうこうしているうちに敵が来て・・・ぶつかった!


・・・・・・煙のようになって消えた。敵が。


体当たりで勝つ主人公っていうのは珍しいなあ。だからって簡単なゲームではないですが。
でも、当たらないピストルを撃つよりは体当たりのほうがよさそうだ。
素手で戦場をかけぬけるダウボーイ。鬼神のような男です。

さて、有刺鉄線や川などの障害は、途中に落ちてるアイテム(おもちゃ箱をひっくり返したように、そこらじゅうに落ちまくってます)を使って乗り越えていきましょう。

一見したときに迷うのは川を乗り越える方法ですが、これは近くにあるレーダー(灯台?)を倒して橋かわりにすればOKです。

簡単に流してますが、説明書とかがないと多分ここで詰まります。

さあ、橋を壊すため、爆弾を拾いましょう。赤い棒みたいなのは爆弾、糸くずみたいなのば導火線です。
別々に拾って、爆弾をこさえているんですね。えらく物資を持たされてない兵士ですね。
ソリッドスネークでも、もうちょっと装備を持ってましたよ。

まあいいです。爆弾が完成したらAボタンを押して設置! ボタン押しっぱなしで移動しましょう。導火線が長ーく引けます。

導火線が短いと、巻き込まれて死ぬので要注意。
地雷もいっぱいあるので要注意。

えーと、あとは2P同時プレイも要注意ですね。
2Pはひたすらミサイルを撃つ役割で、敵や障害物をなぎ倒せます。
もちろん援護が目的なのですが、ダウボーイにもきっちり当たる上に撃ちにくいので、大抵はリアルファイトになるでしょう。
煙のように消えるのは1Pと2Pのどっちかな? 楽しみだね!(投げやり)

・・・・・・・・・・・・・これ以上紹介してもなんなので、最後にファミコン雑誌風で書いてみましょうか。
どんなゲームでも褒めてた時代のように。
注釈部分も合わせてお読みになり、オモテとウラを感じていただければ幸いです。


♯♯ダウボーイ原稿 14*11
 大ヒット作「スパイvsスパイ」のケムコ(注1)から、大興奮(注2)のウォーアクションゲーム(注3)が登場したぞ。
 悪いやつらから(注4)仲間を救うため、さまざまな道具を使って障害物を乗り越えていこう。ピストルを8方向に撃てるリアルな動きにも注目だ(注5)。2人同時の協力プレイも楽しいから、冬休みはダウボーイで熱く盛り上がろう!(注6)


(注1)・・・言えばなんでも通ると思ってますね
(注2)・・・興奮したの? 本当に?
(注3)・・・適当なゲームジャンルを作っちゃったね
(注4)・・・戦争ゲームで善とか悪とか言われても
(注5)・・・撃てない。リアルじゃない
(注6)・・・リアルファイトが盛り上がりそうですね


上記は創作ですが、実際はこれ以上の提灯記事がたくさんあったから、ホントに罪深いよね!
何が横綱技だ誌名の特定は避けますが、当時はたくさん泣かされましたよ!

恨んでないよ、本当だよ! いい勉強になりました。うん。
じゃあ、またね〜(作り笑いで)。

※ダウボーイのソフトは、「スーパーモンキー大冒険」の仕返しお礼として、smallbeansの鬼貫さんにいただきました。ありがとう、鬼貫さん!
posted by ワイルドガンマンズ at 02:31| Comment(2) | TrackBack(1) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

2本目のバトンも受け取りましたよ

俺たち!ワイルドガンマンズ!!

ハットリスです。

ぼやけた日記」さん、「愛と煙草」さんのお二方が渡してくださった「VIDEOGAME BATON(ビデオゲーム バトン)」のおかげで、やっと二人ブログの意味が生まれました。

「ぼやけた日記」さんのバトンは相方・マスク1号が回しましたので、僕は「愛と煙草」さんのバトンを受け取ります。

では質問への回答です。(回答者:ハットリス)

1.Total volume of game files on my computer(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)

およそ1GB。ウルティマオンラインくらいしか入っていないので。

2.Game playing right now(今進行中のテレビゲーム)

実は現在、PS2が故障して修理中ですので、あまりゲームはしていません。
相方から借りた「幻想水滸伝4」をやろうとしたら、音飛び、画像飛びしてしまって。
やりかけ、という意味では進行中のゲームかな・・・?

3.The last video game I bought(最後に買ったテレビゲーム)

「ファミリーボクシング」箱説つき300円と、「所さんのまもるもせめるも」箱説つき580円。どちらもファミコンです。

「ファミリーボクシング」の記事を書いたあと、新宿で見つけて購入しました。
シンプルですが、結構夢中になれますよ!
ふっとびストレートの出し方はいまだにわかりませんが・・・

ちなみに「所さん〜」は未開封。

4.Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me
(よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)


@スパルタンX(アーケード)

おそらく生まれてはじめてプレイしたアーケードゲーム。
アクションゲームというものを理解していなかったため、ボンヤリしてるうちに、掴み男(雑魚キャラ)4人に折り重なるように抱きつかれ、あっという間にゲームオーバーになってしまいました。
はじめて悔しい、悲しい思いをしたゲームでもあります。

Aアッポー(アーケード)

ジャイアント馬場、アントニオ猪木などをモチーフにしたSDキャラ達が闘うプロレスゲーム。パンチを浴びると上半身がだるま落としのようにズレる、というコミカルな動きが印象的です。
僕は操作方法がよくわからなかったので、アンドレ・ザ・ジャイアント風のキャラで、敵をダウンさせる→ボディプレス、という動きをひたすら繰り返して闘いました。
それでもCPU相手にはあまり勝ち抜けませんでしたが。

Bペーパーボーイ(アーケード、ファミコン)

自転車に他って新聞配達を行う少年が主人公、というユニークなゲーム。アーケード版はコントローラーが、筐体据え付けの自転車ハンドルになっていました。
自転車を止める事なく新聞を投函しようとする主人公と、配達を阻止するためだけに存在するかのような市民たちが作り出す世界観はシュールすぎ。
ファミコン版のできの悪さも逆に○です。

C闘いの挽歌(アーケード)

アッポーと同じゲームセンターで目撃。僕は当時、ファミコン版しかやった事がなかったので、アーケード版のキャラの大きさにとにかくビックリしました。
ファイナルファイト、初代ストUなど、少し前のアーケードゲームには、コンシューマー機にはない迫力がありましたよね。

Dタクシードライバー(アーケード)

正確なタイトル名は覚えていません(僕はイエロータクシーと勝手に呼んでいました)が、とにかくインパクト大のゲーム。テーブル筐体に据え付けられたアクセルを踏み、お客さんを探して乗せ、目的地まで送り届けるという内容自体は普通です。
しかし、街で走ってる車に衝突してガンガン跳ね飛ばせる、救急車も吹き飛ばせる、パトカーはスピード違反以外では追ってこない、パトカーも吹き飛ばせる、などクレイジータクシーも真っ青なハチャメチャプレイがなぜか可能なのには理解に苦しみます。
そのくせ、ちゃんとお客さんを運んでお金(点数)を稼ぎ、ガソリンスタンドで給油しないとガス欠でゲームオーバーになるところは、ちょっとカワイイです。


プロフィールで書いたゲームと違うものを、と思ったら懐かしのアーケードばかりになってしまいました。

「よくプレイする」という質問項目には当てはまりませんが、「思い入れ」というか思い出は深いゲーム達なので書かせていただきました。

それでは次の方にバトンを回します。

僕からは「TEXT-DRIVE」のマゴさんにバトンをお渡しします。

このブログをご覧になっていて、もしよろしかったらバトンを受け取ってください。

というわけで、バイチャ!(アラレちゃん)
posted by ワイルドガンマンズ at 02:14| Comment(4) | TrackBack(1) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

バトンを受け取りました

マスク1号です?(疑問でスタート)

さておきまして。
最近、ゲーム関係ブログさんの間で、「VIDEOGAME BATON(ビデオゲーム バトン)」という動きが流行っているのです。
もちろん、そういうのに疎い僕としては初耳だったのですが。ええ。

ゲーム関係のブログが、お友達に同じ質問をまわしていくイベントです・・・多分。

まあ、そんなあやふやな僕たちにも「ぼやけた日記」さんがバトンを渡してくださったので、質問に答えるとともに、バトンを回したいと思います。

愛と煙草」さんもバトンを回してくださったので、そちらは相方のハットリスが受け取りますです。

2つのバトンを受け取れるなんて、2人組のメリットが初めて(えっ)到来したぜ!
俺たち! ワイルドガンマンズ!(久々の雄叫び)

さてさて、まずは質問への回答など(回答者:マスク1号)


1.Total volume of game files on my computer
(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)


3GBくらい?
メダルオブオナーシリーズやマックスペイン、ウルティマオンラインなど。


2.Game playing right now(今進行中のテレビゲーム)

PS2版の「メダルオブオナー」と、中古で買った「鬼武者3」。
鬼武者シリーズは新品で買う気にはなれないけど(すみません)、実はくり返し遊べます。


3.The last video game I bought(最後に買ったテレビゲーム)

「オバQワンワンパニック」説明書付き500円。すんません、ファミコンです。

説明書に「手に汗にぎる大冒険の始まりだ!!」と書いてあります。
まあ・・・手に汗にぎるのは間違いありませんね。
たぶん、歯軋りとかもすると思いますが。


4.Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me
(よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)


@遊遊記(ディスクシステム)
コミカルなキャラクター、シリアスなストーリーと大団円のラスト!
ハッピーエンド好きの僕としては大満足なゲームです。

辛い辛い旅の最後に、それまでは意地悪に思えた「おしゃかさま」が「悟空」に仕掛けた力。

「さようなら、おしゃかさま・・・ありがとう!」
・・・悟空は走った。行き先は、言うまでもない・・・まずい、泣きそう。


A天誅シリーズ(PS)
ひたすらくり返し遊んでいます。
隠れる緊張感といい、どこにでも行ける自由度といい、最高です。

自由度の面では、好き勝手できる1と2がおすすめ。
特に1では、敵キャラが泳げないので、海や川で溺れるボスが見られますw


BMETAL GEAR SOLID 1
MSXのスネークの渋さを受けついたPS版。影を落として終わるラストシーンも最高。
2のスネークは、ちょっといい人になりすぎてたかな?


Cキャプテン・ラヴ
すごく面白いのに、認知度が低いゲームです。
恋人を取り戻すため(?)、論撃と呼ばれる口喧嘩で戦うローカルなヒーローが主人公。
敵も味方もユーモラスで、みんながワイワイやっている中に入り込みたくなります。

技術的には紙芝居なのだけど、ズンと響くメッセージ。
恋愛と友情と家族愛、全てがここにある!(言い切ったー)
笑って泣いて熱くなりたいなら、キャプテン・ラヴ!


Dときめきメモリアル
ええ、実は・・・こういうのも、嫌いじゃありません。
いわゆるギャルゲーって、そんなに遊んでないんですけどね。
シンプルで、ブームの火付け役となったこのゲームにだけはハマりました。

難易度もほどほどなので、肩の力を抜いて遊べます。

キャラクターも個性的です。
じゃあ、僕は片桐さんで(なにが「じゃあ」なのか)



・・・ここまでですか。好きなゲーム5本って、足りないなあw
好きなゲームはたくさんあるから、プロフィールとはまた別の回答になっちゃったし。


ともあれ、この質問、次の方にバトンで回しますよ。

では僕からは「smallbeans」の鬼貫さんと、「やんやんブログ」のswimieさん、「KEEPon」のキュレイさんです。
バトン先をハットリスと分担しなければなりませんので、まずは3人様で。

よろしければ、バトンを受け取ってやってください。

では、バイナラ(昭和)。

posted by ワイルドガンマンズ at 23:10| Comment(9) | TrackBack(2) | ファミコンとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。